FC2ブログ

オールドレンズ持ってお散歩

1ヶ月ぐらい前に、人生最大級の腰痛をやらかし
ジョギングは年内は封印・・・予定

でも、動いてないと太っちゃうので
少々のウォーキングだけはやっておこう!
20181114_02.jpg
お供にオールドレンズを装着したデジタルカメラ持って

20181120_002.jpg

無限遠は出ないので景色を撮るのはスマホ

で、逆光と紅葉は・・・
20181120_001.jpg

おぉぉ!なんかステキ

20181120_004.jpg



と、なかなかのオモチャを手に入れてご満悦のσ(^^)
そして、本日
娘を近所の駅まで送って行ったついでに、小さな山を登ってきた
20181120_005.jpg
カメラバックにカメラが無い事に気付いたのが山頂公園
ま、いいか

ご近所散歩に、ちょうどいいオモチャを手に入れた
ジョギングはまだやめておいたほうがいいかもしれないけど
ウォーキングが楽しくなりそう♪



スポンサーサイト



Sound of Engine をただ楽しむ

鈴鹿サーキット50周年記念のイベントからかな?
20181119_10.jpg
おじさんホイホイ的な、ヒストリックマシンを走らせるのって

普段は重いカメラ持って
コース脇で写真撮ってるんだけど

このイベントに限っては、そんなの無しでただただ楽しめる
以下、全てスマホで撮った写真


朝はゲートオープンの10時にあわせて出発し
年間パスポートを買って、パドックへ
2018111912.jpg
走行枠の無い午前中はピット側へ行っても大丈夫みたい
もちろん午後の走行が始まる前に“出てけ~!”って放送が入る


しばらく写真撮って一息ついた頃、写真が縁で繋がった友人から
『仕事で鈴鹿サーキットに向ってまぁす!』
と連絡が入る

これは嬉しい誤算!

しばらく仕事をサボらせて、オッサン二人、パドック内で談笑
こんな時間が過ごせて幸せ♪

web に出場車が載るんだけど、載らないけど展示してあるマシンもチラホラ
20181119_11.jpg
由良卓也デザインの紫電!

なんでここに置いてあるん?

この日、一番の驚き

ちょっと休憩しようと、パドックレストランの2階にある休憩所に行ったら
2018111913.jpg
Gr.A 共石スカイラインが無造作に置いてある
その向こうでは、タイサンの千葉監督のコレクションの数々も覗く事も出来た

休憩なんぞ、してる暇はございませぬ

午後になれば、いよいよ練習走行開始
20181119_15.jpg

その前の暖気の時はマシンの後ろに回り
排ガスの匂いをダイレクトに嗅ぎに行く

2018111914.jpg

クハァ・・・堪んねぇ!
目が痛てぇ!とか言いながらも終始ヘラヘラ


無理矢理、休みをぶち込んで
大正解やった(*・∀-)☆


来年も金曜日に行こ~♪

Sound of Engine で懐かしのF1を楽しむ

モータースポーツを見るようになったのは
1976年,1977年の富士スピードウェイで開催されたF1イン・ジャパン

田舎に住んでてもこのニュースは聞こえてきた
それも日本製のマシンが走る
20171122_02.jpg
Kojima Engineering の KE007

このマシンの走行シーンが見れるなんて思ってもみなかったけど
それを見たのが昨年のこのイベント
興奮で気絶しそうになりながらも必死でシャッター押してた

今年はやや落ち着きを取り戻し・・・
20181120_01.jpg
ハンス・スタックのマシンを撮る

当時はハンス・スタックと言われてもよく判ってなかったけど
後々Gr.C全盛の頃のポルシェのワークスドライバーになった人で、好きなドライバーの一人

20181118_01.jpg


20181120_02.jpg
このスポーツカーノーズもいいねぇ

思い入れが強すぎて、このマシンの写真が異常に多い
もう一台は、昨年も
このロニー・ピーターソンのレプリカヘルメットで力走してた
20171122_04.jpg
ロータス76

ちょうど、ピット裏でヘルメット持ったオジサマが居たので
カタコトの英語で
『コレハアナタデスカ?』
とスマホに入れたこの写真を見てもらったら凄い喜んでくれた

で、おいでよ!と言って
ピットの奥まで連れてってもらい、さぁジャンジャン撮ってくれ!
と言うのでお言葉に甘えてじっくりと撮らせてもらう

20181120_05.jpg
『来年も来るからお前も来いよ、ガハハ!』と言って・・・たと思うんだけどな

小さな小さな国際交流をした後は
20181120_06.jpg
ピットから出て、お日様を浴びたマシンを眺めながらふと思う



こうやって、何もかも忘れて
好きな所で好きなことしていられる場所がある
まんざらじゃねぇな♪



Sound of Engine で Gr.C を楽しむ

カメラはもう一台持って行ったけど、ほとんど登場せず
20181119_01.jpg
Cカーを前に記念撮影に使った程度

Gr.C と言うと、が高校生の頃にスタートしたカテゴリで
燃費制限以外はわりと何でもあり
20181119_02.jpg
国さんが乗ったADVANカラーのPorsche956,962C カッコよかったなぁ

Porsche vs 国産勢の闘いもまるで昨日のように思い出す
20181119_06.jpg

20181119_04.jpg

現役当時はそんな事も無かったのかもしれないけど
20181119_03.jpg
走行前のこの時↑星野さんも長谷見さんもニコニコしてた


星野さんにいたっては、見学者の我々に
『この車、綺麗だろ~!』
って話しかけにきてくれるぐらいの上機嫌

たしかに、ピッカピカだった

20181119_05.jpg
午前中は走行も無く、ピットレーン側でも行けちゃうので
舞い上がってカメラの設定もグチャグチャになりながらも
懐かしさと、今でも走行可能な状態のマシンに見惚れるオッサンσ(^^)



20181119_07.jpg
出来ればEvo.モデルじゃなくて素のモデルが見たいな





Sound of Engine を当時のレンズで楽しむ


先日、手元にやってきた Canon New FD 50mm F1.4
親戚の叔父さん曰く、息子さんが小学生の頃に買ったと言ってたので
20181114_01.jpg
おそらく40年ぐらい前

Sound of Engine にやってくるマシン達は、その頃か、もっと前のマシン
そんなマシンに敬意を表しこちらも
その頃のレンズで撮らせてもらう
20181118_04.jpg
設定は絞りからシャッタースピードとか、全部マニュアル

普段からマニュアルで撮ることも多いから
そんなに戸惑うことは無いけど、ピント合わせがオートじゃないので
思いっきりピントを外すときもあるけど・・・

箱スカの向こうには星野さん
20181118_02.jpg
もう、この時点で頭の中は1960~1970年代にタイムスリップ

この頃に車に興味を持ち出したσ(^^)
写真でしか観る事が出来なかったマシンたちが目の前に

この頃のメーター類は今のような電気仕掛けじゃなくて
機械式だから、味わいがあって好き
20181118_07.jpg
こんな風に撮れると、オールドレンズ持ってきて良かった~
と、パドックでよだれを垂らす

20181118_06.jpg


ピントが合ってないって?
それがどうした?



このコンピューター制御の無い70年代のマシンに
AFの無いレンズで(ボディはデジタルだったけど)フォーカスリングを回すこの感覚

小学生の頃に興味を持ったモータースポーツ
そんな頃の憧れでしかなかったマシンが目の前に居る



40年会えなかった片思いの人を前にピントなんて合わせられっか!





オールドレンズとやらを手に入れた

今週末、鈴鹿サーキットでは Sound of Engne
先日、腰痛でSF最終戦,MFJ最終戦に行けなくなって
有給の振り替えのドサクサ
金曜日に休みをブチ込んでやったので

今季最後の鈴鹿サーキットでの撮影は
https://www.suzukacircuit.jp/soundofengine/
20171122_04.jpg
Sound of Engne に決定

でも、腰の様子も・・・なので、望遠は持たず
標準レンズだけ雰囲気だけでも楽しもうとしてた矢先、親戚のおじさんが
レンズ要らねぇか?と言うのでとりあえず持って帰ってきた
20181114_01.jpg
なぜ Canon と MINOLTA????

とりあえず、Canon NewFD 50mm F1.4 を使うために
マウントアダプターを用意して

20181114_02.jpg
手持ちのデジタル一眼レフの中で一番古いEOS10Dに装着してみる

AFなんてものは無く、マニュアルでピントを合わす
20181114_03.jpg
まさに、老眼との闘い

20181114_04.jpg
フレアなんて信じられない出かたするけど

Sound of Engine に出場する車に敬意を表し
こちらも、およそ40年前のレンズで
行くことに決めた!・・・けど、ちゃんと撮れるかなぁ?




プロフィール

まさひろ

Author:まさひろ
 写真をクリックすると
 若干、大きくなる
 ・・・のもあります。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード