FC2ブログ

健康診断の結果を見て己の食生活を分析する

非常事態宣言も緩和方向に進み、静かだった我が街も
少しづつ日常が戻りつつあるように感じる
そして、我が部屋は世の中と反比例するかのように迷走中

やはり元のように
SP前には何も置かない方が(当たり前だけど)いいような気がする

でも、元に戻すだけでは面白くない
けど、根気がなくなってきてる

まぁ、ノンビリとやろう

さて、健康診断も終わって結果が送付されてきた

この年齢だけど、すべてが基準値内
なんだけど、よくみるとLDLの上昇や血圧の上昇
・・・と言っても知れてるが
現状からやや上昇に転じた項目が数件ある
これからの加齢による予想を立てると、まぁこのままでは
あまり褒められた結果にはならない

目標は還暦に革ジャンとリペアも済ませた
20200519_03.jpg
ブーツで写真を撮ってもらう
そのためには体型を変えずに健康体で居る必要がある
動機は至って不純である

運動はそこそこしてるつもりだけど
20151113_01.jpg
食べたいものを好きなだけ食べてるから

食事でなんとか改善できないかなぁ?
って事で、本日より休みのお昼はなるべく魚料理に切り替えよう

ただ、問題は・・・甘いものが止められない
20110914_03.jpg

20170411_03.jpg
今の時期限定の和菓子たちがオイラを待っている!





スポンサーサイト



赤い翼を授けよ!

あれは3ヶ月ほど前
20200206_01.jpg
一番右の赤いアイリッシュセッターをリペアに出した

赤い翼、Redwing は3足ある(あと2足ぐらいは欲しい)
他の2足も愛着あるけど、別格扱いのこの一足


ソール交換は数えてないけど、5年に一度としても5回目ぐらいになるのかな?
さすがにトップ部分も擦り切れてボロボロ
20200206_02.jpg
メニューはこの通り

予算は・・・なんと、もう一足買えるほど
どうしても、この一足だけはずっと履き続けていたい
そんな想いで待つこと3ヶ月

本日、引き取りにショップまで
20200519_01.jpg
えっと・・・あの・・・県外へ・・・

綺麗にお色直しした我が娘とショップで対面
20200519_06.jpg

20200519_07.jpg
トップ部も綺麗に仕上げてもらい、ハッピーな気持ちになる

そして家に連れて帰り、眺めながら珈琲を飲む
20200519_03.jpg

この日のために用意しておいた新品のシューレースを通して
20200519_04.jpg
家の周りを徘徊

お世辞にも綺麗とは言えないけど、人生の半分以上を共にしてるこの一足
まだまだ現役!



ついには長期戦と言い出すσ(^^;

今回の騒動で、あまりにもやることが無く
部屋の模様替えを始めたものの

ある程度進んだところから停滞中

レコーディングスタジオ風に、机を真ん中に持ってきたものの
20200513_01.jpg
定位が安定せず・・・

SPの角度を調整したりしてみたものの
満足する結果には至らず

音の調整が終わるまでの仮置きで
CDプレーヤーとプリアンプは床に直置きと言う暴挙

再配置をしようとしたらSPコードの長さが足りないとか
問題は山積み


すぐに腰痛を起こすので、部屋の片付けは一日に作業時間は
3時間程度と決めてるし


なによりも
20200513_02.jpg
当初よりは集中力もなく、壁見て途方に暮れたり



こりゃ、長期戦だな



もう一度、Luxman の説明書にある会長の言葉が思い出される
20200425_04.jpg



憧れの玉転がし

自粛生活で部屋の模様替えを始めたものの
一向に終わる気配も無く、次から次へと物欲が止まらない



マニアと言われる方々の中で使われる
“玉転がし”
一度やってみたかった

20200430_03.jpg
真空管アンプの真空管を換えて音の変化を楽しむ


最終段はICなので、最終段真空管の交換じゃないけど
それなりに楽しい♪
DSC03780.jpg
Made in U.S.A 軍用らしい
音の違い?
そもそも、デスクトップオーディオにクオリティは求めてないので
雰囲気が大事


20200425_01.jpg
当初はこんな感じだったけど

今回こんな感じに
20200430_02.jpg
筐体と真空管の大きさのバランスがこっちの方が好み



ホントに音楽だけを楽しみたいときは
20200430_01.jpg
こっちがあるから




部屋の模様替え

この騒動のお陰(?)で部屋に堂々と居ていられる
でも、ずっと籠もってると、なぜかフツフツと沸いてくる構想
20200425_03.jpg
そして部屋の模様替えを始める

狭い部屋に TANNOY G.R.F Memory なんかを強引に設置してるもんだから
まずは全部出す!

ここで一日消化

二日目に、搬入開始
20200425_05.jpg
何年か振りにスピーカーの裏側を見る

そんなこんなで数日を費やし・・・てると、悪魔がオラに囁き



ポチッてしまう



PC用だけど・・・
ハイブリッドだけど・・・
20200425_06.jpg
人生初の真空管アンプ


20200425_01.jpg
真空管以外もいっぱい光ってるけど
音の違いとか、そんな事は比較的どうでもいい
新しいオモチャを手に入れるのは幾つになっても、嬉しい♪



そんな部屋の模様替えは、まだ道半ば
GW明けぐらいに完成したらいいかなぁ?



模様替えの最中に見つけた LUXMAN の説明書に、こんな事が書いてあった
20200425_04.jpg
深いね




祝、通行止め解除!

昨年の9月の大雨の影響で通行止めだった
いつものジョギングコース

先日、通行止め解除!
って事で、
20200406_08.jpg

桜も咲いてて気持ちいいったらない
20200406_06.jpg

この場所で知り合った人たちと
一周出来るようになったね~が今日の挨拶だった

普段、当たり前だと思ってた事が、ある日突然に

当たり前じゃなくなる
頭じゃ分かってるんだけど、その時が来ないと判らないんだよなぁ
20200406_04.jpg
カメラも一応持っていったけど・・・

相変わらず、花心は無いねと家に帰って指摘される

20200406_02.jpg

20200406_01.jpg

確かにな・・・

20200406_03.jpg



JSBメーカーテスト

開幕前のテスト走行ってなんかいい響きだな
開発車両ともなると、余計にドキドキする

その昔、開発車両は雑誌なんかに載ってもちょっとピンボケだったりする
20200327_04.jpg
いわゆるこんな感じ
※加工した訳じゃなく、実力の写真




今季初のカーボン地むき出しのマシンを前に興奮が収まらない
20200327_05.jpg


開幕前にしか観る事が出来ないと思うと、余計撮りたくなる

20200327_03.jpg
クラスは違えども、ホワイトのカウルも開幕前のワクワク感が増す

そんな午前中に終始
お昼休憩の時間帯には、トランポが並ぶパドックをウロウロ
20200327_06.jpg
ここを目的も無く歩いてるだけでも気分がいい♪



午後はいつもと同じような写真
20200327_02.jpg



午後の走行は2時間タップリあったんだけど
天気も良かったし、最初の30分ぐらいで撮影はほぼ止めて観戦
20200327_07.jpg
YAMAHAのランデブー走行に見惚れたり、ボヤ~っとしたり

そして、走行終了後は
20200327_08.jpg
いつものように併設の温泉に浸かり、オヤジ臭を撃退

20200327_09.jpg
お土産に入浴剤も買って、後日、また鈴鹿の気分に浸る予定


こうして、JSBメーカーテストを堪能
そして、いつものように過ごした一日が、なんだか特別な一日になった






JSBテストに係わった全ての人にありがとう

3/25 JSBメーカーテストに行って来た

遊園地 は休園中なので
20200326_04.jpg

合法的に駐車場はパドック
20200326_01.jpg
快晴で気持ちいいったらない

でも、人は少なめ

パドックトンネルもいつもなら誰かは歩いてるんだけど
20200326_02.jpg
ちょっと不気味

でも、パドックトンネルを抜けて、コース脇まで行くと
20200326_05.jpg

20200326_06.jpg
いつもの景色、そしてここに来れたこと、サーキットで働く全ての皆さんに感謝


世の中は今、50数年生きてきて経験したことの無い騒動の真っ只中
そんな時にもかかわらず、このテスト走行を無観客じゃなく
制限を設けての実施をしてもらって、ホントにありがたい♪


情報過多の時代に滅入っちゃうこともあるけど
こうやって、ある一定の制限つき、そしてアチコチに設置された消毒液
感謝してもしきれない


平日のこんな時期での開催だから、観客もパラっとしか居ないのに
20200326_08.jpg

20200326_07.jpg
我々、観客にパフォーマンスや手を振ってくれたりしてくれる



心の養生にはもってこい
この一日で、どれだけ免疫力が高まったか


このJSBテストに係わった全ての皆さん
ホントにありがとう




鈴鹿市までちょっとドライブ

この時期は、モータースポーツシーズン開幕前の
テスト走行があるので有給休暇を集中して取ってた





けど




なんとかウィルスの影響で延期や中止が相次ぎ・・・暇



だったので、ちょっと鈴鹿市までドライブ
鈴鹿の街を車で走るだけでも、気分がいい
そして、着いたのは鈴鹿サーキット内のS-PLAZA
20200312_04.jpg


昨年末のF3テストの時に食べたんだけど、
数日前から、無性に食べたくなって
20200312_01.jpg

20200312_02.jpg

遊園地もやってなくて、お客さんもほぼ居ない
けれど、敷地内も駐車場もいつものように綺麗に整備されてた
20200312_05.jpg

大切な仲間に会える場所
笑顔に溢れる場所を提供してくれた場所
日常を忘れ、夢のような時間を提供してくれる場所

食卓でもモータースポーツ気分が味わえそうで
20200312_03.jpg
お土産買って帰ってきた



お仕事中のスタッフの方に世間話なんかして
仕事の邪魔もしたが・・・




一日も早く、いつものサーキット観戦が出来ますように


子供たちは私達の宝物

政府の唐突な宣言の影響か?いつものジョギングコースでも
平日の昼間なんだけど、小さな子供達を見た。
20200303_1.jpg
屈託のない子供達の笑顔を見てると、こころが和む。

少しお節介だったかもしれないけど
かけっこしたりし一緒に遊んだりもした

ただ、オジサンは寒かったのでソコソコにして
すぐそばにある喫茶店で
20200303_02.jpg
暖を取りつつモーニング

店も暖かかったし、店のオバチャンも暖かい人で心も温まる


TVを見てると一方的に不安を煽るような報道が多く、
気が滅入るのでなるべく避けてる

煽り運転よりも太刀が悪い

今、私達が怯えているウイルスとは
別の何かが
この平穏だった生活を怯えさせてる気がしないでもない




一日も早く、
今日も私たち大人を笑顔にさせてくれた、
この小さな命を脅かさないように
そして、笑顔で暮らせますように




一生モノのRedwing

3足ある Redwig
20200206_03.jpg
そのうちの1足はソールを純正からヒールタイプにしたりと
気に入って履いてる

20200206_01.jpg
元の色も何色かさえも判らなくなってきてるけど
一番右の赤い半円タグのついたのは、3年ぐらい前にソール交換したけど
毎日のように履いてるもんだから、もうソールが限界

これだけは純正に拘りたい

でも、純正に変えてくれるお店がオラが村には無い
なので、お隣の県まで行って交換の依頼へ
20200206_02.jpg
今回はソールだけじゃなくてトップ部分も

一番最初に買って愛着もあるので、一生を共にしたい
だから、少々の出費は覚悟してるけど・・・
一体、幾らぐらいかかるんだろう?



今年最後の鈴鹿サーキットを楽しむ

今年最後の鈴鹿サーキットに行って来た。
カメラなんて持たずに


到着した時は雨降ってた
20191220_05.jpg


なので、ちょっと早めにお昼ご飯を食べに
20191220_02.jpg
ホテルエリアのS-PLAZAへ


もちろんお一人様でな
20191220_03.jpg
どこ行っても貸しきり状態の雨の鈴鹿サーキット


悪くないね


そして、オーダーしたを食らいつくも・・・
顎外れんじゃねぇか?と思うほどのボリュームの
20191220_04.jpg
アボカドバーガー

ドリンクセットで値段は忘れた
このボリュームでこのお値段は非常に良心的だったと記憶
今度あるであろう春のテストでも食べよ~♪


で、本命のF3テストに向う
20191220_01.jpg
午後のセッションは14時から
この時点では、まだ12時半頃なのでパドックへ



実に平和な小雨交じりのF3テスト
完全に手ぶらでウロウロしてたもんだから関係者と間違われたのか
加藤 寛規さんに会釈されてしまい・・・
一応、これでも大人なので「お疲れ様です」と挨拶をさせてもらう

エントリーリストに載ってないドライバーが数名チラホラ
おぉ、何しに来たんだろ?
とか、シーズンオフを勝手に妄想しヘラヘラするオッサンσ(^^)



パドックで変態指数全開の妄想をしてたら、午後の走行時間が近づく

走行開始の少し前にS字トンネルを越えてのんびり観戦でもするかぁ!
と思ったら
またそこで加藤 寛規さんとお会いして、少し話をさせてもらう
20191220_06.jpg
学年で言うと、同学年に当たるので勝手に一方的な親近感

そんなこんなで、走行も中盤に入り移動をはじめ
20191220_07.jpg
走行終了間際にはグランドスタンドへ

で、帰ろうかなぁ?
と、ボチボチと最終コーナーからシケイン付近へ徐々に移動

すると、某レーサーが向こうから歩いてきたので
一緒に写真を撮ってもらう
20191220_08.jpg

そんな余韻に浸りながら併設の温泉で冷えた体を温めて
帰り道の途中で晩御飯に
20191220_09.jpg
坦々麺を食べて帰る


こうして、今年最後の鈴鹿サーキット観戦が終了
と、スマホと財布だけ持って行ったF3テスト

来年からは Super Formula Lights と名称を変えて開催されるけど
2&4 はおそらく仕事なので、今度観るのは
一年後なんか???





2019年のサーキット観戦を振り返る

気付かない振りはしてたんだけど何日か前から12月
2019年も、ぼやっとしてたら終わっちゃう

ので、ちょっと振り返ってみよう



と思ったけど、振り返ったところで
長年写真撮ってきて実力もわかってきたし
これでも精一杯やってきたつもりだけどな


強いてあげれば、今までよりもより一層
サーキットで写真を撮る枚数が減ったな・・・と言っても、13のイベント17回のサーキットと
20191209_01.jpg
歴史的瞬間、公道パレードなんかにも行った



モータースポーツと言う文化に触れて40数年
人生の大半はこの素晴らしい文化に親しんできたけど、公道をレーシングカーが走る
たったこれだけの事なんだけど
観る事が出来てホントに良かった

ファインダー覗きながら思った

写真撮るのもいいけど
モータースポーツって文化を思う存分楽しもう!
そんな忘れかけてた事を思い出させてくれたパレードでもあった

このイベントにかかわった全ての人に感謝の一日だった


Sound of Engine では人生初の泊りでの観戦
20191209_03.jpg
ま、休みとお値段と相談して木曜日に泊まったんだけど

このイベントや先日のSFルーキーテストでは
20191209_02.jpg
同世代の人たちと話す機会があって、あと何年通えるんだ?
って事が話題にもなるお年頃


歳をとったとも思ってないけど、若いとも思ってない
桜の花や紅葉を見ると
あぁ、後何回この景色を観る事になるんだろう?と思うことが多くなった



サーキットが近くにあるお陰で、普段の生活を送っているだけでは知り合えなかった
大切な仲間も出来た
人生いろんな事もあるし、凹んじゃうこともあるけど
心の支えにもなった
これからの人生も、この素晴らしい仲間と文化と共に


ゆる〜い感じで楽しもう♪








SFルーキーテストに行ってきた

シーズン終了後のSFテストに行ってきた


前日寝たのは23時過ぎだったにもかかわらず
どういう訳か
3時半頃に起きてしまう


もう寝れないので
用意が出来たら出発し鈴鹿市に入って朝御飯
20191208_01.jpg
もちろん、まだ夜明け前

朝御飯食べてたら、まだ着かんのか?
と、仲間から連絡が入る

どこの世界にも兵は居る
そして、今回も社交場と化した鈴鹿サーキットの朝



今回、この日の朝までどのレンズで行こうか悩んだけど
写真撮ることは二の次三の次
enjoy oneself at everything!
と言う結論に達したのは入場20分前


そしてゲートオープンして向った先は・・・
20191208_04.jpg
センターハウス


ここからパドックのを眺め、誰がどのチームで走るのか
誰が来てるのかを確認して、来季のチーム、ドライバーを妄想するのも楽しい♪

レンズは70-200mmを持っていったので
20191208_03.jpg
少々は撮るけど、寒いのですぐに
センターハウスへ戻る

で、テスト日にしては珍しくお昼休憩時間に
ピットレーンが開放されてたので、のんびりとサーキットの雰囲気を楽しむ

午後は雨も降ってきたこともあって
カメラ一式は車に置いて、カバン一つで観戦
・・・と言うより、またもセンターハウスでお喋り


走行終了後は、パドックで松田次生監督、中嶋悟監督に
サインをしてもらったり
顔見知りの人たちと年末の挨拶を交わしたり

思う存分、朝から夕方の閉園間際まで楽しむ♪




そして、余韻に浸る
20191208_05.jpg
あれ??
可愛かったなぁ






オッサンの修学旅行_その③

前述したように、今回の鈴鹿サーキットへの観戦は
20191120_10.jpg
サーキットホテル宿泊!

ただし、素泊まり
だがな・・・
しかも、木曜日の夜に泊まったのさ(*'v'*)


素泊りなので
晩御飯食べに行こうと、そのときに気が付いた
そう言えば、今まで・・・
鈴鹿市内で食べに行ったことが無い

盲点だった


とりあえず、テキトーに車を走らせ
辿りついた所が
20191120_11.jpg
ラーメン屋



しかも、後で調べたら
いつも行くラーメン屋の系列店
美味しいから大きな問題ではないんだけど、こんな時ぐらい
の、想いはある
次はちゃんと調べて行こう



そんな夜を過ごし、ホテルに戻って

明けて金曜日は、練習走行日だけど
走行中の写真はあまり撮るつもりもなかった
それよりも、ピットに佇む姿を撮りたかった

20191120_08.jpg

20191120_06.jpg

20191120_07.jpg

20191120_05.jpg
宝石のようなマシンたちをファインダーで覗く



モータースポーツが好きで、それが縁でたくさんの人たちと知り合って
みんなに優しくしてもらって


幸せだなぁ







こうしてオッサンの修学旅行は終わった。
人生に一度でいいから泊まりでサーキットへ遊びに行きたい
そんな小さな小さな夢に付き合ってくれた仲間
泊まりでの観戦を快く見送ってくれた大切な家族
つまらないLINE送っても付き合ってくれる仲間
そして、Tyrrell P34 のメカニックのお二方
星野さん、北野さん
鈴鹿サーキットで働く皆さん
ホントにありがとうございました
この二日間の思い出は、墓場まで持っていきます。



オッサンの修学旅行_その②

素泊まりの朝は早い
5時に起きて、敷地内をジョギング
その後は、クアガーデンへ

朝食を済ませた後は、敷地内を散歩
20191116_01.jpg
今回のゲストのスーパースター達とすれ違う
そして、英語のような地球の言語で

Good morning, Sir
Welcome to Suzuka!
I hope you have a wonderful day.


この程度で精一杯・・・そして寒い朝にもかかわらず汗が出る
こんな宙に舞うような貴重な経験をさせてもらう

その後は、サーキットへ向かい
20191116_02.jpg
まずは、昨日のお礼を言いにお世話になったメカニックの方のところへ
声をかけようとすると、メカニックの方から声を掛けてもらい
また泣く

さすがに金曜日にもなるとお客さんも増えてくる
20191116_04.jpg
出走前のマシンを撮ったり

走行の合間にファンサービスしてくれるドライバーやライダーに
サインもらったりでご満悦の

あまりにも気分がよかったからか
20191116_03.jpg
ピントの合ってない写真を量産してしまう


20191116_06.jpg
Gr.C の走行が終わり、パドックをウロウロしてると人生最大の嬉しい出来事が!
いいからおいでよと、部屋に案内されたその場所には

走行を終えたばかりの日本一速い男、星野一義さんと
星野さんの憧れ、北野元さんがいらっしゃるではありませんか!
星野さんの憧れは私の憧れx2であります

星野さんと北野さんの師弟関係は、知るところだけど
そのお二方が自分の目の前に
もう、気絶寸前
そして話の流れで、あの星野一義氏と、あの北野元氏が
私のスマホに取り入れてある写真を見る流れに



星野さんもこの写真を気に入ってくださり
20191116_05.jpg
なんだかんだで1時間ほど、お話を伺ったりした
途中、何度泣いたか

北野元さんの話も、胸に響くいい話ばかり
もう、夢のような時間を過ごす

ここを出た後、一人トイレに篭り




泣いたさ










オッサンの修学旅行_その①

いつも鈴鹿に行くときは遠足気分のσ(^^)
今回は清水の舞台から飛び降りたつもりでお泊り

なので遠足気分と言うよりも、修学旅行気分だった
Sound of Engine
ただし、泊まるのは木曜の夜

サーキット到着後、ホテルの受付を済ませ速攻でパドックへ
そこには小学生の頃に雑誌で見た
Tyrrell P34がっ!
20191115_01.jpg
メカニックのお二方の厚意で、中に入れてもらった
こんな経験は、後にも先にもないだろな

写真撮ってもいいですか?
と身振り手振りを駆使しながら
英語のような地球の言語で尋ねると、じゃんじゃん撮っていいよ!
と言ってくださった・・・たぶん

到着したときは、カウルも装着されてなく
20191115_03.jpg

少しづつ整備されながら
20191115_04.jpg
カウルやタイヤが装着されていく様子を見てた


20191115_02.jpg

そして、ここは本当に2019年の鈴鹿サーキットなのか?
20191115_05.jpg
まるで40年前のシルバーストーンのような、そんな光景を目の当たりにし
オッサンはファインダーを覗きながら泣いた


小学生の頃に憧れたイギリス生まれの彼女は
40年の時を越えても
その時のままの姿で輝いていた




MFJ最終戦に行ってきた

今年のビックレースも遂に最終戦
MFJ最終戦に決勝だけ行ってきた

今回、ノープラン!
強いてあげれば、ウィニングランをヘアピンで撮る
この程度なので
撮影は仲間についていくだけ

朝のフリー走行は、最終コーナーから
20191108_01.jpg
ちょっと色温度を操作して・・・と色気出して、やや失敗
ま、RAWで撮ってきたし、後で誤魔化そう


第一レースは
20191108_02.jpg
いつものところへ
実はこれも何を間違えたか、明るさを補正後の写真
デジタルの時代になって、少々の失敗はで誤魔化しが効くから助かる




少し時間を置いた後はウイニングランを観るためにヘアピンへ
20191108_03.jpg

4輪と違って体が剥き出し
ゴール後は選手同士が称えあったり
20191108_04.jpg
レースを安全に運営してくれたオフィシャルの皆さんに挨拶したり
もちろん我々、観客にもサービスしてくれる
20191108_05.jpg

20191108_06.jpg
レースが終わって、こんなに気持ちのいいシーンはない


20191108_07.jpg
2019年のビックレースは、こんなに気持ちのいいシーンを見せてくれて
終わった・・・


まだ、イベントやテストで今年も行くとは思うけど
来年もいいレースが観れますように


レースでの撮影よりも大切なこと

今年の春桜が咲くいつものジョギングコースで、ふと
20190412_02.jpg
一体この先、ここでのこの桜の花はあと何回観る事になるんだろう?
ガラにもなく走りながらそんな事を思った



この歳になると
不思議と今まで思ったことのない感情が湧き出てくる
20170624_01.jpg
どこに行っても、マイペースで
自由気ままに行動する


今回のレース観戦でも、いつものように

地元の友人
サーキットが縁で知り合った仲間
今回は来れなかったけど、楽しんできてね
とメッセージをくれる仲間



こんなオイラにもみんなが優しく接してくれる
みせなかったけど、オラ泣いてた
みんな、ありがとう♪


サーキットで普段のことを全て忘れて
20191101_01.jpg
シャッターを無心に切る
これも悪くない



サーキットでしか会わないんだけど
久し振りの再開を喜びあって、次のレースでの再会を誓う
そこには笑顔しかない



人生の中で、最高に幸せな場所の一つ
20161101_08.jpg
こんな笑顔溢れるステキな場所を用意してくれたみなさん
ホントにありがとう♪




竹内まりやさんの人生の扉の歌詞

年を重ねていくこの先も丁寧に時を刻んで生きようとのメッセージ
身に沁みる


年齢もそこそこ積み重ねたので
あと何年通えるのかなんてわかんないけど


これからの人生も
みんなと思う存分楽しみたい



あと、何年サーキットに通えるんだろう?
なんて思う事もある




あと何年通えるか?







20年は通うな




みんな!
長生きしようぜ!!





SF最終戦_決勝日

さぁ、SF最終戦も決勝日
予選日同様、駐車場は社交場と化し
バカ話に花が咲く
20191029_01.jpg
朝のフリー走行を観た後はお待ちかねのピットウォーク
20191029_03.jpg


ピットウォークが終わればWTCRの第2,第3レース
20191029_04.jpg
カメラは足元に置いて観戦するのがこのレースの醍醐味

たまたま、隣に居た人たちと仲良くなって
(この手のことはよくある)
キャッキャと大騒ぎ
こんな一期一会も楽しみの一つ

そして、大会のメインレース
SFの決勝が始まる

真面目に写真を撮ろうと思ったのが残り3周
20191029_06.jpg

今季のシリーズチャンピオンは、ニック・キャシディ
20191029_05.jpg
Congratulations! Nick

2016年11月26日 記憶が確かならSF初ドライブ
20161126_06.jpg
才能は際立ってたから、なるべくしてなったチャンピオン


レースが終わっても
20191029_08.jpg
パドックで余韻を楽しんで

20191029_07.jpg
シリーズチャンピオンのトークショーを見て
今季の4輪レース観戦が終了


もうそんな季節になったんだね


プロフィール

まさひろ

Author:まさひろ
 写真をクリックすると
 若干、大きくなる
 ・・・のもあります。

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード